<   2014年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧

網代

何なんだぁ。
この暑さはーーー。


朝、まーがれっと家の皆様がグッスリお眠りの中。
私は1人、リビングの敷物をたたみ、2Fの納戸に。
2Fの納戸から、網代の敷物を。
綺麗に丸めるのも邪魔くさい私は、ザックリと小さくして、階段から落とす位の勢いで、おろしたら。
階段の壁のクロスが、キズつきました(泣)
壁紙がさざ波模様です。

気にしない。
気にしない・・・。
気にし・・・(エ~ン)

これだけで、汗がぐっしょり。
癖っ毛が、モワーーー。


だけど。
今日は、1ヶ月待ちに待った例のモノが「北海道旭川」より届きます。
我が家のインテリアが動く♪
メッチャ、楽しみやん。
b0292042_816754.jpg

[PR]
by Mar-garet | 2014-05-31 08:16 | 暮らしを楽しむ | Comments(6)

BOUNCE GIRL♪

相変わらず、狂ったようにDVD観ています。




「と、みせかけて、終わらない・・・」
何故か、今回は「ダイマル、チュウマル、ナカマルデス」に、いちいちハマってます。


トロッコの渕をたたく、筋張った「ヨコカナ、シタカナ、ウエダデース」の腕にドキドキしております。


そして、魅せる男。
「ナシナシカメナシ」
b0292042_045526.jpg

ひえーーー。
圧勝!!!


そして。
本家、本元。
「イリグチ、デグチ、タグチデース」
これこれ。
これが言いたかった。
フォレストガンプの初日おめでとう。
皆様の感想を読んでいて、胸が熱くなっています。
舞台が終わって、すぐツアーだけれど、あなたには「期待」しかありません。
誇らしい。


来週はMステです。
4人の笑顔が見れます。
b0292042_110040.jpg

[PR]
by Mar-garet | 2014-05-31 01:11 | おかめちゃん | Comments(2)

大手前ギャラリー

b0292042_163889.jpg

何度行っても、分かりづらい。
今回も、しっかり迷いました。
アホやん~。
お米屋さんがやってる御飯屋さんとギャラリー。
骨董もあるし、作家モンもあり、山野草も置いてある。
ご飯が12時に炊き上がるので、予約した人だけのランチ。
入れ替えが無しの、ゆったりした空間。
気の置けない古い友人との極上で贅沢な時間です。
b0292042_16482194.jpg

b0292042_16491197.jpg

b0292042_16494884.jpg

b0292042_16504339.jpg

[PR]
by Mar-garet | 2014-05-30 16:54 | 美味しく食す | Comments(6)

遠方から友きたる!

長女のママ友で、長い付き合いです。
お互い、転勤族で、私はこの地に落ち着いてしまったけれど。
彼女は転々としている。
ご主人の事が大好きで「生まれ変わっても一緒になりたい」と、幸せなことを口にする。
いいねぇ・・・、素直で。

ご主人が、こちらで集まりがあるとかで、くっついて来るとか(笑)
ご主人の用が終わるまで、たっぷりと喋りたいと、連絡があった。
長いねん、喋りだすと、お互いに(^-^)
では、行ってきます。

5年前のカツコンのカッコと一緒です。
変わらないというか、成長がないというか。
私って、基本的にワンパターンでございます。
b0292042_750319.jpg

ブラウス:MARGARET HOWELL
スカート:MARGARET HOWELL
靴:Koos
bag:minä perhonen

お気づきですよね。
先日のブラウスです。
実はチャコールはこういったブルー系(実際はエメラルドグリーン)とよく合う。
ブルーのスカートに白を合わせると爽やかで絶対に外れはないけれど、私はこういったダークな色を
合わせてみたくなる。
要するに、天邪鬼。
当時と変えたところは、バッグとアクセサリー。
ダブルハート(シードパール)に王冠のってます。
ピアスはローズカットの小さなダイアモンド。
どちらも、アンティーク色プンプンでキュンキュンでございます❤
アンティーク同士はお国(フランスとイギリス)が違ってても、仲良し!
b0292042_84755.jpg

[PR]
by Mar-garet | 2014-05-30 08:09 | おしゃれする | Comments(2)

祖母のサファイヤ

b0292042_7324782.jpg

3年前に亡くなった祖母が身に着けていました。
子供心に「素敵」だなぁーと、思っていました。

母は3歳で実母を亡くし。
小学校に上がる年に、母親が必要だと言う事で、祖母が後妻として、来てくれました。
祖父は、当時、最年少の外国航路の船長でした。
戦時中は、兵隊さんの南方への輸送船となり、命は無いものと覚悟していたそうです。
3艘の船で運行中(祖父は真ん中だったそう)前後の船が敵方に攻撃され、たくさんの溺れている兵隊さんを海に置いてきたと、辛そうに語っていました。
助けている間に自分の船も攻撃されるからです。
祖父の船だけ1度も攻撃されたことが無いと不思議な話として、聞かされていました。

私が小学生の頃も、外国ばかり行っていて、お土産をよく貰いました。
とんでもなく大きなアメリカの「土筆」
「ハーシーズのキスチョコ」中から紙が出ていてひっぱりながら剥くのが子供心に面白かった(当時、日本では手に入らなかった)
1本に色々な色の入った鉛筆(今では当たり前のようにある)
蝶々のコースター(これは怖かった)
祖父の家には南洋の海亀のハクセイ。
鹿の角の帽子掛け。
インド象の置物。
大きな巻貝のオブジェ。
そして、祖母の指輪。

祖母は常に身に着けていて。
指に食い込んでいた記憶がある。

大人になり、アンティークジュエリーに興味を持ち。
あれが、マーキーズカットだと知る。


3年前、祖母が94歳で亡くなり。
母はこの指輪だけを形見として貰いました。
sizeを変えるのと石の種類が知りたいというので、私が預かり。
知り合いの宝石店に持って行きました。
そして、ご主人にその旨をお伝えしました。
友達のご主人で、とても大人しく穏やかな方です。
暫くして、額に汗をかきながら「あのーそのーえっとですね」と言いにくそうです。
石の種類は何ですか?
「あのー」
ガラスですか?
「・・・そうです」

祖母は祖父に買って貰ったという、サファイヤ色のガラス玉の指輪を亡くなるまで、大切にしていたそうです。
祖父は、知っていたのか。
それとも、知らずに買ったのか(笑)

こうして、アンティーク用の指輪ケースに入れてやると、それらしく見えてくる。
指輪に罪はないものね。
祖母の想い出の品として、今は私が持っいます。
[PR]
by Mar-garet | 2014-05-29 07:53 | おしゃれする | Comments(6)

イキナリ。

こちら、関西地区、カンカン照りでございます。
暑~い。


今日は、昨日の色違いのブラウス着ます。
先に、チャコール(昨日の)を買っていましたが、余りの可愛さと使い易さで、セール品で残ってた生成りを
買った記憶があります。
素材はリネン100%ですが。
袖と前立ての両横のヒラヒラがコットンシルクで、スケ感があり、表情があり可愛いのです。

私は、白が苦手ですが。
生成りは大好物です(笑)
この色は、スカートだとアンティークな雰囲気が出ますが。
デニムに合わせると、優しいカジュアルになります。
むしろ、デニムに合わせたい。

もう、思いっきりカジュアルは似合わなくなりつつありますが。
ちょこっとカジュアルには、ちょうどいいお年頃ではないかと思いますよん。
b0292042_10175483.jpg

ブラウス:MARGARET HOWELL
デニム:rolca
ベルト:MARGARET HOWELL
靴:オーロラシューズ

今日は大好きなアンティークのシードパールで攻めてみます。
シードパールに黒はテッパンだけれど。
実はこういった優しいキナリとの相性も抜群!
デニムが大人可愛くなってません?
b0292042_9542177.jpg

[PR]
by Mar-garet | 2014-05-28 09:50 | おしゃれする | Comments(8)

グレちゃうよ。

昨日、夫の夏のパンツ2本(同じ物)が、どーしても見つからず、納戸から、クローゼットから、
探しまくった結果。
自分の夏物を見つめなおすことができたまーがれっとです。
夫のパンツは出てきませんでした、why?

金曜日は遠方から友が来るので、久々のランチ。
ちょっぴり、お洒落して、駅まで迎えに行きますよん。
楽しみだ。

おうち大好きの私ではあるけれど。
出掛けるのも、決して嫌いじゃない。
一人が、案外好きではあるけれども。
友達とのランチも大好き。


昨日は納戸で想像の翼を広げました(^u^)
b0292042_883862.jpg

ブラウス:MARGARET HOWELL
キャミ:MARGARET HOWELL
スカート:MARGARET HOWELL
靴:trippen
bag:minä perhonen
ネックレス:MARGARET HOWELL
ブラウスは5年程前のものです。
グレイッシュ過ぎて淋しいのでグリーンをこびっと加えてみました。
胸元もグリーン系パールです。
1重にも、2重にも、3重にも使える、賢いヤツです。
パールはカジュアルに着けたい。
b0292042_8245259.jpg

バッグは相変わらずのカドルバッグ。
これ、ほんと、使える!
そして、この間、買って貰った新作のマーガレットスカート。
これこそ、使える。
私の、持ってるブラウスほとんどが相性良しだったわ❤
[PR]
by Mar-garet | 2014-05-27 08:59 | おしゃれする | Comments(8)

クレナイ(紅)

b0292042_1174837.jpg

花目をつけて、1週間が経ちます。
なかなか、紅くなりません。
日の当たり方のせいでしょうか?
白から薄いピンクになりだんだん紅く変化していく予定です(笑)
花は小さな白ですが、額片の部分(装飾花)が、クレナイに変化していきます。
色の変化だけでも、長く楽しめます。

このクレナイは4年目です。
今年はやっと5つの花が咲きました。
額片は3枚です。

私はいわゆる園芸花(赤とか黄色)が苦手で、こういった山の花ばかり植えていますが。
この、クレナイの赤はまさに紅。
何とも言えぬ、可愛さがあります。

早く、紅くならないかな・・・。





朝、起きてメダカに餌をあげようとしたら、瓶が傾いていて、メダカの姿も見えない。
中の水連も穴が開いてたり、千切れてたり。
明らかに、何かが起こった様子。

あわてて、瓶を起こしてみたけれど、水連の土が濁り、中が見えない。
一度、水を換えてみようと思ったら、淵に3匹程、死んだメダカが、くっついている。
水を綺麗にする作業をしていたら、何匹かは、いる様子。
傷んだ水連の葉を取り除いて、水が澄んできたら、何匹か、なんとか元気で泳いでいるのが、確認出来た。
50匹程、いたのに・・・。
毎日、餌をやろうと近寄っていくと、水面まで近づいてきていたのに・・・。

今朝は警戒して、なかなか、やってこない。
5か所程、蚊に刺されながら、辛抱強く見ていると、15匹程は確認できた。
もう、悲しくって仕方ない。

動物だろうか?
近くに大きなお城があり、緑も多いので、時々、町中とは思えない動物に遭遇することがある。
いくらなんでも、人ってことはないよね?
門柱門扉が無いのが、良くないんだろうか?

メダカを飼い始めて10年。
初めての出来事で混乱してます。
[PR]
by Mar-garet | 2014-05-26 11:24 | 暮らしを楽しむ | Comments(6)

木の匙

10年近く前になるでしょうか。
友達に誘われて出掛けたギャラリーで買った木のお匙さん。
三谷龍二さんの「木の匙」です。
ご本人がいらっしゃるとお聞きし、是非ともお会いしたいと車を走らせました。


私は木のカトラリーが大好きです。
そして、お会いする少し前にNHKに出演されて紹介されてた暮らしぶりがとても素敵でしたので、楽しみで
仕方ありませんでした。

黒い洋服を着て立っていらっしゃいました。
テレビで拝見した通りの、穏やかな笑顔の優しい方でした。
暫く、お話をしましたが、とても、大人しい方。
もう、すでに人気作家さんでしたが、偉ぶったところも全然なく、三谷さんの作品と同様の、素朴さと暖かさを感じられる、素敵な方でした。


今日は、このお匙さんのお手入れを10年振りに、してみました。
ホントはえごま油を塗ればいいのですが、無いので、ごま油を使いました。
家中いい匂い♪
b0292042_1029260.jpg

右が手入れ後です。
しっとりとした艶と共に、木目が出てきました。
匙はどうしても、食器にあったたり(特に備前焼)口に入るものなので、傷みやすいけれど、それも味かな?

結婚して31年。
家を建てて14年。
道具も、器も10年、20年、30年と使っている。
私の琴線に触れたモノ。
縁があって出会ったモノ。
一目惚れしたモノ。
全てが愛しくて大切。
自然素材ばかりなので、壊れたり、朽ちていったりするけれど、こうして長く使っていきたい。


でも、どうして、こんな中途半端な数なんだろう?
不思議でたまりませぬ。
b0292042_10515319.jpg

[PR]
by Mar-garet | 2014-05-25 10:52 | 器を愛でる | Comments(0)

ビアグラス

OHAYO-ございます。
寝不足が続いております。
理由は聞かないでください。
毎日、充実しておりますので、満足でございます。
GOGO大人乙女には、睡眠よりも良く効く濃厚美容液があるのさっ(^^♪
「大阪、愛してるぜ」がツボる・・・すみません、朝から訳の分からないテンションで。


朝早くから、庭仕事をしておりましたが。
最近、土、木、草を触ると、アチコチ痒くなってきました。
困ったぞ。

体質がかわってきたのか?
それとも、老化現象なのか。


そこで、庭仕事は程々にして。
今日は、ビアグラスを干してみた。
毎日、洗っては、冷凍庫に放り込む。
キンキンに冷やす。
夫はそこから適当に(何も考えず前のヤツから取る)取り出し、ビールを飲む。
もう、15年もこれを繰り返している。
雑誌に備前のビアグラスで飲むビールは格別と書いてあり。
私のバイブルとも云える生万里さんの「家じゅう備前」に一口ビアグラスが冷凍庫に入ってる写真を見て
真似てみた。
しかも、収納が出来る。

私は形から入る女です。

夫はリタイアしてから、毎日、家で発泡酒を飲む。
40代で尿酸値が人間ドッグでひっかかって以来、発泡酒に変え、毎日よく歩く。
最初は薬を飲んでいたけれど、薬に頼りたくないといい、この方法に変えた。
発泡酒は夫のささやかな楽しみである。
しかし、お昼も夜もいただくことが多々ある。
これは、いかがなものなのか(笑)

15年前に形から入った、このビアグラスに、夫がハマった。
「なんか、これで飲むと美味しい気がする」
ほんまかい?!

毎年の備前通いで、1個ずつ集めたビアグラス。
夫の為という、素晴らしい言い訳が出来たので、気持ちよく買える。
しかし、夫が一昨年。
「こんなに、いらんやろ」って。
さすがに気がついた。

残念!!
b0292042_8244062.jpg

夫は小ぶりがお好み。

しかし、よく見ると、全てが少しずつ欠けてる。
大雑把な私は冷蔵庫の一番下にある冷凍庫とは、相性が悪いらしい。
入れる時、ちょこっと、ぶつけてしまう。
だけど、何も拘らない(気づかない)夫。
多分、これ位の欠けは気づいてないと思われる。


今日は、サンドペーパーをかけて修復作業を致しますよん。
これ、案外、楽しめる♪
[PR]
by Mar-garet | 2014-05-24 08:38 | 器を愛でる | Comments(4)