カテゴリ:家族( 51 )

気づけば12月。

b0292042_09494470.jpg
御無沙汰しております、まーがれっとです。
気が付けば12月でした。

父は11月末にホスピスに転院しました。
そして、ただ今、嘘のように落ち着いております。
自分でも不思議だと言っています。
余りに元気なんでドクターにこのままってことありますか?って聞くと笑いながら「まあ、それはないでしょう、このまま楽しくここで過ごしてもらいましょう」って答えられました。
そりゃそうか(笑)
主食はお粥ではありますが完食。
副食も7割がた食べているようです。
相変わらず、オヤツが美味しいらしく。
私が持ち込むオヤツ類、遂に8種類になりました。
昨日はお漬物を差し入れました。
父は絶対に食べたい持ってきてほしいとは言いません。
昨日、テレビで美味しそうな漬物が映っていたとか。
これ美味しいよな~とか言います。
昭和一桁の美学なのか?遠慮があるのか?どうなんでしょう(笑)


病院には必ずお洒落して行きます。
ベレー帽を被ったり、赤いタイツを合わせたり…
シスター、ボランティアの方がつつましく活動されている中で少々浮いているかもしれません。
父がそうであるように。
私も、普段通りに最後の日までお洒落して寄り添いたいと思います。


写真は最近一番お気に入りのLin Francais Dantanのニットです。
着丈、袖丈が短く、襟ぐりの詰まり具合も絶妙。
同じものを何着か買いたいぐらいの勢いです(笑)

[PR]
by Mar-garet | 2017-12-13 10:09 | 家族 | Comments(2)

父の食欲。

b0292042_10304372.jpg
先日、友達からリンゴとカボチャの消費にご協力下さいとのメモ書きとともに頂いたパイ。
気を使わせないようチャイムを鳴らすことなくそっとドアノブに掛けてあったこの人の優しさが心に染み渡りました。
そして、お上手なしの美味。
昨日は違う友からの巻き寿司3本と手作りの干し柿。
他にも、パンを届けてくれたり。
新米をそっと置いて帰って下さったり。
まーがれっと家は友たちの善意の数々で暮らせておりますです。
サンクスです。



忙しくてなかなか友とは会えない。
15年間通ったジムも休会届けを出してきた。
父親の事があるので連絡をしていいものか悩んでいる人もいる。

行くとこが多くて。
たっぷりとした時間は取れませんが。
いつも通り、合間を見てはお買いもの。
何だか今年は好きなものに出会ってばかりで困っております。
お洒落もしてます(自分なりの)
ご飯作りは生き抜き(笑)
母が柔らかいものしか食べれないので工夫しながら楽しみながら作っています。
友からもらったようなパイは作れませんが深夜に小豆ことこと炊いています。
亀ちゃんも愛でております。
1月ドラマが決まりばんざーーーいです。

父にあれこれ食べたいものが出てきて。
何気なく私につぶやきます。
食べたいとは言わないのです。
テレビを見ていてエビが美味しそうやった。
イカもええな~。
○ちゃん(私)が作ってくれたあれ美味しかったな~とか言います。
昨日は大きなエビを塩茹して行きました。
父の前で皮を剥いて渡してあげると「美味しそうやな~、お父さんは口卑しくてあかんな~」と恥ずかしそうにしていました。
3匹ペロッと平らげました。
ちなみに病院食はもう出ておりませんのよ。


美味しいは幸せです。

[PR]
by Mar-garet | 2017-11-23 11:00 | 家族 | Comments(0)

今日は曇天。

b0292042_10445409.jpg
今日は絵に描いたような曇り空。
梅干しが今日も干せません。
残念!

これは熊パン(チョコ味)と牛乳。
たま~にチョコクリーム食べたくなる私です(笑)







まわりの人が私の事を。
優しいとか頑張り屋さんとかいう。
決して自慢しているわけではありませんよ~。

4月に入り。
ジムでヒップホップのレッスン終わりにストレッチをしているとき父から連絡が入った。
「胆嚢癌の疑いがあり週末に一緒に主治医の話を聞いて欲しい」と。
実家に行くと母の様子がおかしい。
ここのとこ急に元気が無くなったとのこと(父の病気の事は知らない)
いつも元気印の母なのでその差に驚いた。
次の日に父と病院へ。
診察室に入る前、父から「かなり深刻な話を聞かされると思うけれど驚かないように」と言われる。
主治医から「末期の胆嚢癌であり手術も抗癌剤もかける状態ではありません年も越せないと思われます、しかしこのまま行くと黄疸が出るのでその前に胆管にパイプを通す手術を行います、急がないといけないので明後日手術を入れましょう、パイプは3か月くらいの期間で入れ替えます」と言われる。
だったら、姫路に連れて帰っていいでしょうか?ここの病院が家から近いのですがと告げると。
すぐに一年の手術を状況を調べて下さって「ここだと大丈夫です、同じ医師が診る方が良いと思われるので紹介状を書きましょう」と仰って下さった。
夫に電話して「こんな状況なんで連れて帰っていいか?」と聞くと。
即「連れてこい」と言ってくれた。
それから父が夫に再び電話をして「申し訳ない、迷惑ばかりかけて」と言うと。
「何を仰る他人行儀な、部屋も空いてるし、お母さんと一緒にいらしてください」と言ってくれた。
それから、ほぼ一人で引っ越しの準備をし。
両親を連れ、銀行、証券会社、役所まわり。
両親が「我が子ながら感心する」と言うくらい大変だった。

でも。
正直、考える暇が無かった。
うちに連れてくるしか選択肢がなかった。
妹を早く亡くし一人っ子状態。
私の即断即決で動くしかなかった。
一人だと腹も括りやすい(笑)
決して優しいとか頑張り屋さんではない。

優しいのは気持ちよく両親を迎えてくれた夫なのだ。
私は自分の親だから当たり前なのだ。

父は何故かこちらの病院での診断結果。
数値が本人も驚くくらい安定し。
急がれていたパイプの手術も見送り。
2週間おきの検査に今のとこ合格している。
父は不思議でならないと笑う。
毎日、娘夫婦の送り迎え付きで囲碁を楽しみ。
母も入院してひと月半、元気を取り戻し。
心配していた認知症検査も30点満点中28点と高得点を取り(大阪時代は満点だった 笑)
いつでも、退院できる状態になってきたが。
何故か病院の居心地と主治医が大のお気に入りらしく。
当初の予定3か月丸々いるらしい。

義母の方も安定の認知ぶりで(笑)
いい施設に入居でき、それはそれで本人にとっては平和な世界に見える。

私達夫婦は相変わらず綱渡り状態ではあるが。
それなりに楽しくマイペースで暮らしている。

ありがたや。
ありがたや。

[PR]
by Mar-garet | 2017-07-23 14:14 | 家族 | Comments(2)

柿飴。

b0292042_10554314.jpg
昨日、母の通ってる精神科の調剤薬局で買いました。
なかなか高級なお味。
お値段も高級でした(笑)



毎日病院通いです。
年を取ると、色々故障します。
免疫力も無くなりあちこち不具合が…。
しかし、母のように心の不調が一番厄介ですな。
母は目が離せませんので。
お買い物もジム通いもままなりません。

ポチッとながワタクシ益々お盛んです。
クロネコさん申し訳ない(笑)
精神科の先生がちょいと素敵な男性なので通うのも楽しみです。
な~んて、楽しいこと見つけて今日もがんばりまっしょい。

[PR]
by Mar-garet | 2017-05-24 11:07 | 家族 | Comments(4)

サンセット。

b0292042_1424216.jpg

アロハ~。

娘がハワイの海の上の小さな教会(時々揺れる)で可愛いお式を挙げました。
簡単なリハーサルを終え、お式が始まりました。
夫は歩き方を忘れた(笑)らしくロボットのような歩き方。
娘はドレスの裾を踏んで転びそうなので足を蹴り上げながら歩き、これまた松の廊下のよう。
私はベールダウンの後にハグをするのを忘れる。
コーディネイタ―に指摘され慌てて抱きしめ「幸せになってね」と言った自分の言葉に感動し涙ぐむおめでたい私。
二女に「ほんまに幸せなやっちゃ」と笑われる。
両家の父親が署名した結婚証明書を逆さに持って撮影に臨んだ神父様の気づいた後のチャーミングな笑顔。
全てが温かく和やかで幸せなお式でした。

全てが終わり。
教会の外で。
母2人は。
いいお式でしたね~。
幸せですね~。
これからも仲良くしてくださいね~。
と微笑みあいましたよ。

夜は。
2人が企画してくれた食事会。
シェラトンのビュッフェを予約してくれて仲良く乾杯。
この日は娘のお誕生日でもあったので。
Y-ちゃん(婿殿)がサプライズでケーキをプレゼントしてくれてた。
娘がもうちょっと海老食べよう~と席を立った時に「この後、Mちゃん(娘)にケーキを用意してるんでみんなデザートは控えめにして下さいね」って言われたけれど。
ケーキが用意される前に。
娘が「さあ、ケーキいっ~ぱい食べよう」と言い出したので。
「食べすぎちゃう?ちょっと休憩したら?走って来る?笑」なんて言って慌てたわ(笑)



夫が。
M(娘)がいつも楽しそうに笑ってるんで安心すんねん。
あの顔見てたら嬉しいねんって。
良かった、良かった(笑)

マハロ~。




インスタにはちょこっとお写真載せてます。
良かったら見て下さいませ。
maagaret_yon
[PR]
by Mar-garet | 2017-01-22 14:55 | 家族 | Comments(6)

Happy Birthday

b0292042_155839.jpg

朝早くに玄関のチャイムが鳴り。
ケバイ美しいお花が届いた。

今日は我が家の帝王二女のお誕生日である。
通っている神戸の歯科医院からお祝いのお花が送られてきたのだ。
惜しい、ここでは暮らしていない・・・。
娘にお花の写メ付きのラインを送り。
我が家の玄関に飾った。
う~ん。
帳場ダンスには似合っていないな(笑)


昨年。
大きな役職つきになり。
目が回るような忙しい女になってしまった。
ひと月に何度も東京に出張があり。
半紙一枚(彼女の男友達の表現)の薄っぺらい体が心配だったが。
お年のせいか。
飲み会が多いせいか。
ここ何ヶ月でぷっくりしてきた。
最近は帰省しても滞在時間1時間~3時間の忙しさ。
結婚する気も全くないそうだ。

いいよ。
あなたの好きな道を歩きなさい。
自分で幸せと思える人生を送りなさい。
父と母はそっと見守るからね。


お誕生日おめでとう。
君に幸多かれ。
[PR]
by Mar-garet | 2016-09-11 16:11 | 家族 | Comments(2)

住み替え完了。

b0292042_14235371.jpg

トップス:MARGARET HOWELL
パンツ:MARGARET HOWELL
バッグ:HELEN KAMINSKI
靴:オーロラシューズ(カーキー)
今日は、荷物を運んだり。
車椅子を押したりと力仕事なんでパンツスタイルです。



無事、義母の住み替えを終えました。
いや~、お義母ちゃんがご機嫌さんで良かった。
訳の分からんことをずっと喋っていたけれど。
私の手を握ったり。
目を見て笑ったり。
始終、笑顔でホッとした。

引き継ぎの時。
担当の方が「○○さんと別れるの寂しいわ~」と義母の頬を撫でながら、目にうっすらと涙を浮かべて下さって。
胸が熱くなりました。
3か月間、今回の施設でお世話になり。
再び、ここに戻ってくる事は決まっているので。
義母は幸せだなとつくづく思いました。
そして、義母を含め私達家族の為に、色々考えて下さったケアマネとの出会いにも感謝です。
彼女と出会えてほんとに良かった・・・。
[PR]
by Mar-garet | 2016-09-06 14:41 | 家族 | Comments(0)

介護。

b0292042_956212.jpg

義母の介護生活も5年目に入りました。
明日は施設の住み替えです。
お世話になった老健を出て、年内いっぱい介護付き高齢者住宅に移ります。


義母の介護を通して。
たくさんの事を学びました。
介護保険の点数。
以前は単に老人ホームと思っていた数々の施設。
ケアマネジャーさんとヘルパーさんの違い。
その他、諸々、全て知らない事だらけでした。


そして。
義母が車椅子になり、昨年からオムツ生活が始まり。
薬局でなんとなく見ていた。
老人のオムツに様々の種類があるのを知りました。
ひとりの老人に、これだけのオムツが必要なのです。
この量でひと月も持ちません。
金銭的にもかなりの負担ですし。
自宅で介護を続けていらっしゃる方は本当に大変だと思います。
使用済のオムツのゴミ出しだけでも簡単な作業ではないでしょう。

また、年末には住み替えがあり。
生活環境も変わる。
我が家は受け入れ先が決まっているので義母にとっても私達家族にとっても安住の地を得ることが出来るけれど。
3か月半年事に自分達で受け入れ先を探しておられる方がたくさんいらっしゃって何とかならないもんかと思ってしまう。


さぁ。
明日は早いよ。
雨はどうなんでしょうかね~。
[PR]
by Mar-garet | 2016-09-05 10:19 | 家族 | Comments(2)

母来たる。

b0292042_9412897.jpg

昨日は大阪より母が来た。
8月で83才の母とても元気で助かります。
母がやってくると、スィーツが増えます。
大阪で買ってくるほかに。
こちらでも一緒に買い物に行き「もっともっと買いなさい」と言ってどんどん買わされる買ってくれます。
賞味期限もあるし、そんなに食べられないし、太るし(笑)
有難いけれど困ってしまいます。
ちなみに冷蔵庫の中には、ロールケーキ、チョコ等が入ってます。
高カロリーの宝石箱や~。

昨日は運悪く、Jrのダイヤが大幅に乱れた為。
普段1時間のところ2時間のトロトロ運転の新快速に揺られやってきた。
家に着くなり(いや、タクシーの運転手さんとも喋っていた)マシンガントーク。
娘いわく「おばあちゃんの話はアチコチ飛ぶからよくわからへん、でも、聞いてるだけでええから楽チン」って。
孫を相手に、お昼に帰ってきた婿を相手に、実に楽しそう。


今年の節分の厄除けで家の近くの我孫子観音に行き。
厄除けとともに諸願成就を二つお願いしてきたとの事。
孫娘の結婚と、ただ一人の男子の孫(ただ今就職活動中)の就職。
どうやら、ひとつは叶い。
もう一つは難航中とのこと。

どうか、おばあちゃんの願いが叶いますように・・・。
[PR]
by Mar-garet | 2016-05-26 10:17 | 家族 | Comments(0)

ご祝儀袋。

b0292042_10124071.jpg

昨夜。
娘が結婚式のパンフレットやら家具のカタログを見せてくれて。
夢と現実の狭間で揺れ動く様子を垣間見た。
彼は年下の上。
一浪、大学院卒のため。
まだまだ、社会人としては日が浅く。
娘も海外貧乏生活を繰り返していた為、貯金が少ない。
親に頼らず、資金繰りをしている様子だが、現実は厳しい模様(そりゃ、そうだろ)
一切、親を頼らず、2人で頑張ってる娘達にちょこっと援助してやろうと思う(笑)

夫に相談して。
お祝いを早めに渡してやろうという事になった。


前々から。
買っていた手拭いお祝い袋の出番だ。
これだと、後々、使えるでしょ。
どこまでも、合理的な母である。
[PR]
by Mar-garet | 2016-05-24 10:24 | 家族 | Comments(0)